×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

前立腺炎は尿道から侵入した細菌が前立腺に感染して炎症を起こした状態です。

前立腺炎は、前立腺が炎症を起こした状態で、あらゆる年代の男性に起こる可能性があります。前立腺炎には、急性前立腺炎と慢性前立腺炎があります。急性前立腺炎で最も多い原因は大腸菌が感染することです。慢性前立腺炎は根絶の難しいクラミジアや梅毒性細菌によって起こる場合が多いと言われています。



前立腺炎の症状に
男性下着
睾丸を優しく包み込む立体構造!
汗を科学した蒸れない機能性下着


前立腺炎の治療法

 

前立腺炎の診断は直腸からの触診によって行われます。

 

前立腺炎になっていると前立腺が腫れて触れると痛みます。

 

また尿に含まれる細菌を培養することや、検査の際に前立腺をマッサージして陰茎から流れ出た前立腺液を培養することもあります。

 

尿の培養結果からは尿路に細菌感染が生じていることが分かり、前立腺液の培養結果からは前立腺への細菌感染が分かります。

 

しかし、培養で感染が確認できなかった場合には前立腺炎の治療は困難になり、完全な治癒には至らず、対処療法となります。

 

薬による治療には、鎮痛薬や抗炎症薬が用いられ、腫れや痛みを和らげる効果があります。

 

細菌性の前立腺炎の場合には、抗生物質を30~90日間服用します。

 

この時、服用期間が短いと感染が慢性化する恐れがあります。

 

薬を使わない治療法には、定期的な前立腺マッサージ、頻繁な射精、温浴などがあります。

 

このような治療を行っても症状が改善されない場合には、最後の手段として前立腺の一部または全部を切除する手術の検討に入ります。

 

マイクロ波やレーザーで前立腺を破壊する方法もあります。

 

前立腺炎の予防や症状を抑えるには、普段から衛生的な機能性下着を穿いて、陰部を清潔に保つように心がけましょう。

前立腺炎は急性の場合は高熱を伴うことがあり、おしっこの時に痛みを感じたり、頻尿や残尿感などの不快感を感じるようになります。時には尿や精液に血が混ざることもあります。