×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

前立腺炎は尿道から侵入した細菌が前立腺に感染して炎症を起こした状態です。

前立腺炎は、前立腺が炎症を起こした状態で、あらゆる年代の男性に起こる可能性があります。前立腺炎には、急性前立腺炎と慢性前立腺炎があります。急性前立腺炎で最も多い原因は大腸菌が感染することです。慢性前立腺炎は根絶の難しいクラミジアや梅毒性細菌によって起こる場合が多いと言われています。



前立腺炎の症状に
男性下着
睾丸を優しく包み込む立体構造!
汗を科学した蒸れない機能性下着


前立腺肥大の症状

 

前立腺肥大症は、前立腺の細胞数が増加して肥大化する病気です。

 

前立腺肥大症になると、射精しても精液が勢い良く飛ばなくなったり、尿切れが悪くなることで力まないと尿を出し切ることが出来なくなります。

 

前立腺肥大症が悪化すると尿道が塞がって尿が出なくなってしまう恐れがある、大変恐ろしい病気です。

 

前立腺肥大症の初期症状は、トイレが近くなることです。

 

2時間以内にこうした事が頻繁に起きるようになると、前立腺肥大症の初期症状と言えます。

 

高齢の人にトイレが近い人が多いのは、このような前立腺肥大症を発症していると言われています。

 

そして、さらに症状が進行すると残尿感が感じられ、排尿時は下腹部に力を入れないとなかなか尿が出なくなります。

 

そのため、排尿後もまだ出し切っていない感じがするため、頻繁にトイレに行きたくなります。

 

前立腺肥大症は悪化すると完全に排尿できなくなり、膀胱に尿が溜まり腎不全などの重病を併発する恐れがあります。

 

射精時や排尿時に違和感を感じた時には、早い段階で病院で受診するようにしましょう。

前立腺炎は急性の場合は高熱を伴うことがあり、おしっこの時に痛みを感じたり、頻尿や残尿感などの不快感を感じるようになります。時には尿や精液に血が混ざることもあります。