×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

前立腺炎は尿道から侵入した細菌が前立腺に感染して炎症を起こした状態です。

前立腺炎は、前立腺が炎症を起こした状態で、あらゆる年代の男性に起こる可能性があります。前立腺炎には、急性前立腺炎と慢性前立腺炎があります。急性前立腺炎で最も多い原因は大腸菌が感染することです。慢性前立腺炎は根絶の難しいクラミジアや梅毒性細菌によって起こる場合が多いと言われています。



前立腺炎の症状に
男性下着
睾丸を優しく包み込む立体構造!
汗を科学した蒸れない機能性下着


前立腺炎の原因

 

前立腺炎の原因は、明らかではありませんが、カビ、ウイルス、原虫といった細菌感染が原因で引き起こす場合があります。

 

また、長時間のデスクワークや長時間の車の運転など、前立腺に長時間刺激が加わることも要因となります。

 

他にも疲労やストレスで免疫力が低下していることで尿路から侵入した細菌やウイルス等によって前立腺炎を発症することもあります。

 

また過去に性行為感染症(性病)を発症し、その細菌やウイルスが潜伏していることで、再発を繰り返してしまう場合もあります。

 

しかし、感染経路がはっきりしない症例もたくさんあります。

 

中には医療機関での検査や処置が要因になっている場合もあるようです。

 

前立腺炎の治療に前立腺マッサージは一時的に効果がありますが、持続的におこなわない限り抜本的な対策にはなりません。

 

前立腺炎の強烈な痛みは、睾丸が動き外部の刺激を受けることによって引き起こりますので、睾丸の位置を立体的に固定できる下着が、前立腺炎の痛みに有効だと言われています。

 

また頻繁に再発を繰り返す恐れのある前立腺炎には、下着を清潔に保つことも大切なことです。

 

下着の汗蒸れは、雑菌やウイルスの温床となりますので、普段から蒸れない下着を着用して、日頃から陰部を清潔に保つ事も再発予防に繋がります。

 

前立腺炎はなかなか治りにくい病気です。長時間のデスクワークや車の運転は前立腺を圧迫することで痛みの原因となります。

 

1~2時間毎に席を立ったり、車から降りるなど、なるべく前立腺に負担をかけないように心がけましょう。

前立腺炎は急性の場合は高熱を伴うことがあり、おしっこの時に痛みを感じたり、頻尿や残尿感などの不快感を感じるようになります。時には尿や精液に血が混ざることもあります。