×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

前立腺炎は尿道から侵入した細菌が前立腺に感染して炎症を起こした状態です。

前立腺炎は、前立腺が炎症を起こした状態で、あらゆる年代の男性に起こる可能性があります。前立腺炎には、急性前立腺炎と慢性前立腺炎があります。急性前立腺炎で最も多い原因は大腸菌が感染することです。慢性前立腺炎は根絶の難しいクラミジアや梅毒性細菌によって起こる場合が多いと言われています。



前立腺炎の症状に
男性下着
睾丸を優しく包み込む立体構造!
汗を科学した蒸れない機能性下着


前立腺炎とは?

 

前立腺は、男性だけにある膀胱の出口側にあるクルミ大(成人は重さ15~17g)の臓器です。

 

この前立腺の中には尿道が貫通しており、尿管や射精管の開閉を調整したり、精液の一部となる前立腺液を作る働きがあります。

 

この前立腺が炎症を起こした状態を前立腺炎と言います。

 

前立腺炎には、急性前立腺炎と慢性前立腺炎の2種類があります。

 

急性前立腺炎は、性行為感染症(性病)に感染することや、下着を不潔にしていることによって細菌やウイルスが尿道から侵入することで発症します。

 

そして、その前立腺炎の症状が進行し慢性的になった状態を慢性前立腺炎と言います。

 

急性前立腺炎になると、前立腺炎を引き起こした細菌が全身に回ることで敗血症(菌血症)を生じるため、悪寒(寒気)や高熱を生じるようになります。

 

また、大多数が膀胱炎を併発するため、排尿痛や射精通、残尿感や頻尿を引き起こすようになります。

 

慢性前立腺炎になると、前立腺と隣接している膀胱が刺激を受けて、膀胱炎と同様の残尿感や頻尿、下腹部痛や尿道の痛みといった不快感を生じるようになります。

 

また、ペニスの痛みや陰嚢の痛みを伴う場合もあり、性欲減退にも繋がります。

 

前立腺炎の予防や痛みの症状を軽減するには、日頃から蒸れない下着を穿いて陰部を常に清潔に保つことが重要です。

前立腺炎は急性の場合は高熱を伴うことがあり、おしっこの時に痛みを感じたり、頻尿や残尿感などの不快感を感じるようになります。時には尿や精液に血が混ざることもあります。